母親の私はどうすれば…?母子家庭で子供が成人、独立してしまった後の人生とは?

ユキ

ユキ
こんにちは、婚活相談室のユキです。

 

「母子家庭でこれまで子育てと仕事を必死に頑張ってきて、子供もようやく自立できた。」

「けど、これから私はどうしたら良いの?老後の生活が心配…」

という方も多いですよね。

できるだけ子供には迷惑をかけたくはないし…

特にネックとなってくる「お金の不安」と「1人で生きていく不安」について、考えてみましょう。

「お金の不安」老後資金はいくら必要?

老後資金のシンプルな計算方法

老後に必要なお金は3,000万円と言われていますが、本当にそんなに貯めないといけないのでしょうか?

どのくらいのお金が必要なのか計算してみましょう。

「1か月あたりの生活費×12か月×残年数」

で大まかに計算してみます。

例)

・現在40歳で65歳で引退

・そこから75歳まで生活

・1ヶ月の生活費は15万円と想定

 

15万円×12ヶ月×10年

・・・「1,800万円

た、高い!!

ただ、65歳からは年金支給も始まるので、その分も考慮に入れてみます。

※支給平均額:54,000円で計算

(15万円-5万円)×12ヶ月×10年

・・・「1,200万円

となります。

ユキ

ユキ
それでも、けっこう貯めておく必要がありますね。

 

さらに、病気になったり、入院したときのことも考えなくてはいけません…

毎月どのくらい貯金していけば良い?

65歳までに老後の資金(1,200万円)を貯めるとして、残り25年。

毎月どのくらい蓄えていけば良いのでしょうか?

1,200万円÷25年÷12か月

・・・「40,000円

となりました。

あくまで目安ですが、毎月4万円ずつ貯金していかなければなりません…

けっこう厳しい金額ですよね。

お金を貯めるには、資格を取って手に職を付けていくのも一手

いまはパートで働いているシングルマザーの方は、空いた時間を使って資格を取ってみるのも良いでしょう。

スキルを持っていると、待遇の良い職場にも入りやすくなりますし、今と同じようにこれから働き続けられらるかもわかりません。

シンママになってから取られる方が多いのは、

  • 医療事務
  • 介護職員(ヘルパー)
  • 調剤事務

といった資格が人気です。

正社員になることで、会社の厚生年金や退職金なども利用できる可能性もあります。

「1人で生きる不安」独り身女性の老後の生き方とは?

子育てをしているときはとにかく忙しかったけど、そこから解放されると寂しくなってくることもあるでしょう。

ユキ

ユキ
独り身で生きていくメリットやデメリットを考えてみましょう。

 

独身女性に聞いた、独身でいるメリットとデメリット

<メリット>

  • 好きなときに好きなことができる
  • 自分のためだけにお金が使える
  • 人に合わせて我慢をしなくていい
  • 何も気にせず気楽に生きていける

<デメリット>

  • 自分に何かあったときに頼れる相手がいないのは不安
  • 1人で生活していると一日中ほとんど話さないこともある
  • 寄り添う相手がいた方が毎日が充実する
  • 孤独死を迎えることが不安
ヨウコさん(48歳)

ヨウコさん(48歳)
老後のことを考えると、やっぱり寄り添っていく人がいないのは不安です…

 

子育てが落ち着いて、再婚を考えるシングルマザーも多い

今後のことを考えたら、新しいパートナーを探してみるのも良いかもしれません。

最近では、結婚するカップルの4組に1組は再婚組とも言われ、老後のことを考えて、40代から再婚されるシンママも多いそうです。

これまで1人で頑張ってきた分、これからは自分の幸せのことも考えてみるのも良いでしょう。

シンママの再婚に特化した結婚相談所もある

とは言っても、40代になって再婚できるのかといった不安もありますよね。

シングルマザーの再婚で特に多いのは、結婚相談所を使うケースです。

楽天オーネットスーペリアなど、40~50代の再婚に特化した相談所もあります。

はじめから年齢が近い相手の方と知り合えるので、効率よく活動できそうですね。

公式ページのパンフレットには、利用者の体験談やサービス内容、料金などが書かれています。

>>公式ページで詳細を確認する

 

ユキ

ユキ
子供が独立した後の生活も含め、じっくり考えていきたいですね。