独身の医師は結婚相手をどうやって見つける?出会いの増やし方やおすすめの婚活方法とは?

医師には独身者も多い?結婚している人の現状

医師には結婚されている方が多いように思います。なんといっても、医師は高給取りです。

生活に心配することは、まずないと言ってよいでしょう。しかも子だくさんの医師が、私のまわりには多かったような気がします。子育てのお金の苦労はないでしょう。

医師は、親が医師をしている場合、医者になる道が決められていたりします。

最近はそうではないでしょうが、ひと昔前はほとんど家業を継ぐ場合が多く、自分で自分の人生を選べず、嘆く医師も多かったのではないでしょうか。

結婚も、家族が決めた医師同士のお見合いや、勿論恋愛とかでも結婚されていますが、結婚相手には医療従事者が選ばれている場合が多いようです。

親が医師の環境で育った人が、医師と結婚されている場合もあります。

女医さんも増えてきています。女医さんも高給取りです。一般の職業の方では所得に差がありすぎてうまくいかないと思います。

女医さんの場合も、結婚相手には同じ医師が多いような気もします。弁護士さんや企業家など、所謂高給取りの人が多いようです。

 

医師の結婚相手どうやって見つける?出会いのチャンスは引く手あまた

医師の結婚相手は、家同士の知り合いの医師や、職場恋愛、お見合いの話もわんさかあるように思います。

美味しいお店や高いお店、私たちが口にしたこともないような、高級なものも、普通に食べていたりします。

医師になれば、ほとんど結婚に困る事はないと思います。勿論純粋な恋愛で結婚されている方も数多くいらっしゃるでしょうが、生活の安定は、仕事の安定、医師は人の命を救う尊い仕事です。

条件としては、いう事はありません。

ただ、医師の仕事を理解してもらえる人でないと、結婚生活は難しくなるでしょう。

大きな病院や、夜勤をされている医師は、受け持ち患者様の状態が悪化した時などは、呼び出しがあったり、緊急手術があったり、当直を掛け持ちでしていて家に帰れない医師も多いと思います。

妻はひたすら夫の帰ってくるのを待たなければなりません。

夫の実家に介護のいる両親がいたら、単身赴任の形で仕事をされている医師もいるでしょう。

夫不在の間に、夫の両親を介護するのは、愛がないと出来ません。

個人病院の医師も、近隣の患者様からの急な電話や診察に、対応しないといけないこともあります。

一応各自治体に当番医制度がありますが、普段診察してもらっている先生が安心するのです。

しかも、当番医の先生が不在な事は、よくある事です。

女医さんの場合、家庭のことも仕事の事もすべてやりきるには、負担が大きいと思います。子供が出来たらなおさらです。

女医を続けるなら、いかに妻を支えていくかの寛容さも必要となってくるでしょう。

医師はいかに理解のある相手を見つけないと、お互い不幸になってしまいます。

医師は世間からはどんな印象を持たれやすい?

医師は結婚相手を選ぶ中でも、常に上位にあります。高給取りで、尊い仕事、確かにその通りですが、医師の仕事は口では言い表せないほどストレスのたまる仕事です。

自分が診断し、治療方針を決めて、指示を出します。どれ一つ間違っていれば、患者様の治療は遅れていきます。

急性期などの患者様は、即決を迫られる場面が多々あります。同じようなケースでも、病名が違っている場合もあります。

医師は色々な事を知っており、周りで働くスタッフにも、様々な経験や勉強をしてほしいと思っているのです。

治療がうまくいった場合には、神様のようにあがめられますが、病状の悪化で亡くなるような時でさえ、責められたり、恨まれたりするのも医師です。

まわりのスタッフが、看護やリハビリや日常生活のお世話をしても、一番尊ばれるのが医師のお仕事といえるでしょう。

その分告訴などの割合も医師が多いです。医師には大きな責任が伴うのです。

医師は常に大きな責任を負いながら働いているともいえます。

そういったストレスや、医師の状況を理解できる人でないと、医師の相手は務まりません。

医師で出会いがなくて悩んでいる人へ

医師との出会いといっても、男女の出会いは出会いがしらの交通事故のようなものだと思っています。ただ、交通事故を起こす場所が、一般庶民とは違った場所かもしれません。

医師も純粋な恋愛は出来るでしょうが、周りの反対や、条件が伴ってくるのかもしれません。
高齢化社会、これからも医師の仕事はなくならないだろうし、新しい医療の世界に変化し続けています。

勉強しないといけないことや、診察や雑務が山のようにあると思いますが、一人の人間として、幸せな結婚をして、素晴らしいDNAを、未来に残してほしいと思っています。