結婚相談所の平均交際期間は3ヶ月!?気になる離婚率と交際期間で相手を見極めるポイントとは?

結婚相談所の活動はほかの婚活手段と比べても、成婚率が高く、また結婚に至るまでの期間が短いのが特徴です。

そう聞くと「そんなに短い期間で結婚相手を決めてしまって大丈夫?離婚しないの?」と気になってしまいますよね。

結婚までの活動の流れと、交際期間で相手を見極めるポイントについてお話ししたいと思います。

結婚相談所の平均交際期間はどのくらい?

仮交際と本交際とは

結婚相談所における出会いの流れとは、

  1. プロフィールで気になる相手とのお見合い
  2. デートや食事などを重ねる(仮交際期間)
  3. 一人の男性と仲を深めていく(本交際期間)
  4. 成婚して退会する

といった流れとなっています。

仮交際期間とは「相手を知るための期間」です。お見合いでお互いがOKすれば、仮交際がスタートします。仮交際期間中は、連絡先を交換してメールをしたり、食事やデートへ行くことができますが、あくまでお互いに友達の関係であって、彼氏・彼女の関係ではありません。

そのため、仮交際期間中は同時に複数の方と、関係を持つことができます。※ただし、宿泊を伴う旅行や婚前交渉は禁止されていることが多い。

そして、仮交際期間を経て、お互いに真剣に結婚したいという気持ちになれば、本交際期間へと入ります。本交際に入ると、他の会員の方とのお付き合いや新しい紹介を受けることはできなくなります。

その後、プロポーズを受けて婚約が決まったら、晴れて成婚退会となります。

平均交際期間は3ヶ月~6ヶ月

結婚相談所業界では、お見合いで出会った男女が婚約するまでの期間は、平均で3~6ヶ月といわれています。

<大手結婚相談所の活動期間>

  • 楽天オーネット:成婚までの平均期間は8.5ヶ月。
  • パートナーエージェント:会員の66%が入会から1年以内に成婚退会
  • IBJメンバーズ:成婚までの平均期間は10.2ヶ月。約70%が1年以内に成婚退会

結婚相談所に来る方は20代後半~40代の方が中心であり、どの方も、「恋愛をしに来ているのではなく、結婚を前提として活動している」ことがポイントです。

女性の場合は出産の時期まで考えて行動している方がほとんどです。そのため、どの相談所でも半年~1年が活動期間の目安としており、会員も1年以内の成婚退会をめどに活動しています。

お見合い結婚の方が恋愛結婚より離婚率が低い理由とは

早く結婚するのが勝ちではない!? 3組に1組が離婚する世の中

婚活をしていると、恋愛結婚している友人や周りの方を見て、羨ましく感じるときもありますよね。ですが、必ずしも早く結婚できたことで幸せになれるかと言えば、一概にそうとは言えないかもしれません。

厚生労働省の調査によると、結婚した夫婦の3組に1組は離婚を経験しています。そのうち、

  • 恋愛結婚した夫婦の離婚率は・・・約40%
  • お見合い結婚した夫婦の離婚率は・・・約10%

と報告されています。お互いのことをよく理解してそうな恋愛結婚の方が、実は離婚率が高いんですね。

お見合い結婚の離婚率が低いのはなぜか?

結婚相談所のカウンセラーさんにこのことについて聞いてみると、主な理由を3つ挙げてくれました。

①「好き」という感情だけではなく自分との相性を冷静に分析しているから

お見合いの場合は、まず相手のプロフィールの確認から入りますよね。会う前からお互いに結婚を見据えて、相手のことをよく見ています。

一方、恋愛結婚の場合は、「好き」という感情が先行したまま結婚し、いざ生活してみたら色々と価値観が違っていたと後悔することはよくあることです。

②多くの相手を見たうえで、自分に合う人を選んでいるから

結婚相談所で結婚する方は、5人~10人のお見合いを経験している方がほとんどです。1人の相手だけではなく、複数の方と見比べながら、自分に合う方を見極めているので、相性の良い相手と結婚していることが多いんですね。

③結婚に至るまでの苦労があるから

婚活をしていると落ち込んだり苦労することもありますよね。そういった苦労をお互いが理解しているからこそ、お見合い結婚では、「離婚してまた婚活しよう」と思うカップルは少なくなります。

相談所の交際期間で相手を見極める4つのポイントとは

結婚相談所では、同時に複数の方と仮交際をし、短い期間で結婚へと至ります。交際期間に自分と合う相手かどうかをしっかりと見極めていくことが大切です。デートや食事をただ楽しんでいるだけではダメですよ。

◎モノや人に対する接し方を見る

着飾ったりあなたに優しくしていても、必ず本性が出る部分です。彼が普段から大切なものや周りの人に対して、どういう接し方をしているのかチェックしましょう。乱暴な態度を取る方は要注意です。

◎金銭感覚を見る

結婚するとなったら避けては通れないのがお金の問題。金銭感覚が合わない相手とは絶対にうまくいきません。普段のお金の使い方や、どこにお金をかけるのか、が自分と同じ価値観を持っているのかチェックしましょう。

◎女性に対する価値観を見る

あなたは結婚後も働きたいですか?それとも専業主婦希望でしょうか?彼が女性や夫婦のあり方にどういう考え方を持っているのかは結婚前に確認しておきましょう。

◎一緒にいて疲れないかを見る

どういう相手であっても、一番大事なのは一緒にいて幸せを感じられるかどうかです。これから長い時間を一緒に過ごす相手です。無理せず、自分らしく振舞える相手が一番です。

まとめ

結婚相談所での交際期間が気になっていた方、お互いが結婚を意識した出会いであれば、6ヶ月や1年たたずして結婚することも決して早いことではありません。

なかなか決められない場合は、そもそも自分の中での結婚観や理想の相手のイメージがはっきりと固まっていないのかもしれません。

友人や先輩など結婚した方の話を聞いてみたり、または、結婚相談所のカウンセラーの方に相談してみるのも良いでしょう。

焦らなくても大丈夫です。婚活も結婚は人生の一部分です。その先も幸せに過ごしていけるように長い目で考えてみて下さい。