楽天オーネットのお話し掲示板で未読・既読放置を防ぐ方法とは?

「申し込みでOKになったのに掲示板は未読…」

「いざメッセージのやり取りが始まったのに既読放置…」

そんな経験はありませんか?

オーネットの掲示板で未読・既読スルーとなってしまったときの対処法について考えてみました。

メッセージの未読・既読放置の原因として考えられる5つのポイント

①相手がイントロバブルの真っ只中

イントロバブルという言葉はご存知ですか?

オーネットの会員情報誌「イントロG」には入会して2~3ヶ月目の会員が掲載されています。

掲載される会員は全体の1割程度のため、掲載期間中は他の会員から一斉にアプローチを受けることも多いです。

一種の”モテ期”のような状態ですが、この期間中はたくさんの方から申し込みを受けるため「掲示板が立っても開く余裕すらない」ということもあります。

相手が新規会員の場合は、未読・既読放置はある程度覚悟しておきましょう。

②写真を見せてから反応が悪くなった

オーネットの紹介システムでは「申し込み時点では写真が見れない」という特徴があります。

この仕組みはメッセージまで進みやすいメリットがある一方、「いざ写真を見せたらメッセージが来なくなる」というリスクもあります。

マッチングが成立しない以上に、写真を見せてからメッセージが放置になる方が心理的に辛いですよね…

③会うまでのやり取りが長すぎる

会う約束をするまでにどのくらいの時間をかけていますか?

「どこかで会ってみませんか?」

という展開になるまでは「メッセージで10往復程度、期間で2週間程度」が目安と言われています。

お互いに結婚相手を見つけるために利用しているわけですし、あまり時間をかけても仕方ないですよね。

進展がなく飽きてしまって、既読放置になっているのかもしれません。

ある程度お互いのことを知ったら、思い切って会うことを提案してみるのも大切です。

④メッセージを返すのが遅い、内容が暗い

メッセージはできるだけ早めに返してあげましょう。

テンポよくやり取りが進む相手の方が、相手も前向きに意識してくれるはずです。

また、真剣になり過ぎるあまり、暗い内容や堅苦しい内容のメールにならないように注意しましょう。

⑤すでに他の方と付き合い始めてしまった

たくさんのアプローチをもらっても最終的に選ばれるのは1人の方です。

もし、相手の方がそういった女性を見つけてしまった場合は、掲示板も未読・既読放置となってしまうでしょう。

あなたが良いなと思った男性は、他の方も同じように良いなと思っていることは十分にあります。

気になった方には早めのアプローチを心がけましょう!

幸せになるには出会いのチャンスを増やすことも大切

「メッセージが来ないなぁ…」と受け身になってしまってませんか?

婚活は素敵な相手と出会うチャンスがある一方、同じように活動している女性がいることも忘れてはいけません。

上手くいかないときも前向きな気持ちを持って、自分からチャンスを増やしていきましょう。

①オーネットをフル活用して出会いを増やす

オーネットは「結婚情報サービス」と呼ばれ、データベース内の会員同士を機械的にマッチングし紹介することを主なサービスとしています。

スタッフが付いて、結婚まで手取り足取りサポートしてくれるような婚活サービスではありません。

そのため、自分から積極的に結婚までの活動を進めていく必要があります。

オーパスや紹介書による出会いはしっかりと活用できていますか?

オーパスの場合は、写真を見ながら好みの方に毎月8人まで申し込みができます。

支社まで出向く必要はありますが、できるだけ使い切って、出会いのチャンスを増やしてみましょう。

②出会いのきっかけはオーネットにこだわり過ぎない

婚活における最終的なゴールは「自分にとって素敵なパートナーを見つけること」です。

オーネットでの活動にスランプを感じているなら、他の出会いの方法も試してみるのはどうでしょう?

「出会いが少ない…」と感じている方なら、マッチングアプリがおすすめです!

最近は「ペアーズ」などのスマホアプリで、婚活する方も多いです。

アプリの場合、1ヶ月で平均3~5人とマッチング率が高いのが特徴です。

女性は無料で利用できるので、使ったことがない方は試してみるのも良いかもしれませんね。

>>公式ページで詳細を確認する

 

まとめ

お話し掲示板で未読・既読放置になってしまっても、あまり悩み過ぎる必要はありません。

「次は良い出会いがある!」くらいの気持ちで構えていきましょう。

良い出会いを見つけられることを祈ってます!