結婚相談所での婚活に疲れてしまったときに考えたい5つのこと

「そろそろ結婚したい」、「良い相手が見つかって欲しい」と思って、結婚相談所に入ってみたものの、「なかなかお見合いが成立しない」、「2回目、3回目で断られてしまった」といったケースが続くと、嫌になってしまったり、婚活疲れを感じてしまう方も多いようです。

結婚相談所での婚活に疲れてしまいがちな出来事と、解決方法について考えていきたいと思います。

結婚相談所での活動「婚活に疲れたことのある女性は7割もいる」

マイナビが行った婚活をしている女性へのアンケートでは、「婚活で疲れを感じたことがある」方は、71.8%もいることがわかりました。

結婚相談所の女性たちは、なぜ疲れてしまったと感じているのでしょうか?詳しい話を見ていきましょう。

結婚相談所で思わず疲れてしまったエピソード

(1)お見合い申し込みを断られて「なかなか会うことができず疲れた」

34歳 相談所7ヶ月目

34歳 相談所7ヶ月目
好みの方にお見合いを申し込んだのに、断られてしまい、ガッカリしました
30歳 相談所4ヶ月目

30歳 相談所4ヶ月目
もともとあまり自信はなかったのですが、お見合い申し込みを断られて、さらに自信がなくなりました

 

(2)なかなか進展せずに失敗「初対面からはじめることに疲れてしまった」

33歳 相談所9ヶ月目

33歳 相談所9ヶ月目
良いなと思っている方と出会っても、上手くいかず、何回もゼロベースからやり直すことに疲れてしまいました
31歳 相談所6ヶ月目

31歳 相談所6ヶ月目
お見合いをするたびに、毎回はじめましてで、同じような自己紹介や会話をすることに疲れました
35歳 相談所1年2ヶ月目

35歳 相談所1年2ヶ月目
違う人に会うたびに同じようなことを聞かれて、答えてのやり取りに疲れてしまいました

 

(3)相手の方と会っているときに「笑顔を作るのに疲れた」

30歳 相談所8ヶ月目

30歳 相談所8ヶ月目
第一印象が大事だと思って、作り笑顔とか無理に頑張っていたのですが、気を使い過ぎて疲れてしまいました
28歳 相談所4ヶ月目

28歳 相談所4ヶ月目
ずっと笑顔でニコニコしているのは疲れます

 

(4)頑張って婚活しているのに「なかなか成果が出なくて疲れた」

29歳 相談所6ヶ月目

29歳 相談所6ヶ月目
男性が自分になかなか振り向いてくれなくて疲れました
33歳 相談所1年1ヶ月目

33歳 相談所1年1ヶ月目
婚活を始めて2年近く経ちますが、結婚できずに疲れてしまいました

 

結婚相談所での活動に疲れてしまったときの5つの対処方法

①気負い過ぎず、少し休んでみる

「婚活を一生懸命頑張っているのに、なかなか成果が出ない…」辛いですよね、長くなるほど自信もどんどんなくなってしまいますよね。

辛くなったときは、たまには休むことも大切ですよ。

結婚相談所には新しい方も入ってきますし、良い出会いは思いがけず、突然やってくるものです。

ただし、活動そのものを辞めてしまったら、それまでです。

中には3年以上続けて、ようやく良い出会いがあった方もいます。

婚活は自分が頑張っているときに必ず成果が出るものでもありません。

気長に前向きな気持ちで取り組み続けることが大切です。

少し疲れてきたら、たまには婚活のことも忘れて、リフレッシュしてみましょう。

②婚活日記をつけて、活動を振り返ってみる

結婚相談所で、漫然と活動を続けていると、「まだ結婚できていない」ということばかりに目が行きがちですが

これまで活動してきた中で、成長した部分もあるはずですし、何もしてなかった時よりも、少しずつ結婚まで近づいていることは間違いありません。

これからは少しずつ、活動の記録を付けてみませんか?

「今日はこんな人に会った。相手のこんなところが良かった、こんなところが嫌だった。自分の言動の振り返り…」など、些細なことでもOKです。

活動を振り返ることで、自分が成長している部分に気づくこともできますし、これまでは気づかなった相手の好みや自分の性格で、新しい発見も見えてきます。

③プロフィール写真や文章をもう一度見直してみる

「結婚相談所でお見合いまで進めず、疲れてしまった」という方は、プロフィール内容に問題があるかもしれません。

特に、「プロフィール写真」と「男性のタイプ」は大事な部分ですので、もう一度チェックしてみてください。

◎プロフィール写真

プロフィールの中でも特に大切です。

加工はおススメしませんが、表情を柔らかくしたり、趣味に取り組んでいる自然な写真など、今までの写真から少し変化をつけるだけで、受け取り方は大きく変わってきます。

  • プロカメラマンにしっかりと写りの良い写真を撮ってもらう
  • メイクは薄めに、清楚なイメージを意識する
  • 表情は笑顔が基本
  • 写真は複数あった方が良い、趣味や仕事のシーンなどあるとベター

◎相手のタイプ

ありがちな例として「優しい方」、「一緒にいて楽しい方」、「包容力のある方」などと書いてしまいがちですが、これでは見過ごされてしまう可能性大です。

例えば、

  • 「ドライブに連れていってくれる方」
  • 「料理やお菓子作りに付き合ってくれる方」
  • 「ゲームを一緒に楽しんでくれる方」

などと書いておくと、男性も興味を持ちやすく・誘いやすい印象を持ってくれます。

④婚活仲間を作ってみる

1人で活動を続けていくと、どうしても辛くなってしまうときもあります。

婚活に疲れてしまったときに、気軽に相談できる相手がいるだけでも、だいぶ変わってきます。

周りに婚活をしている方や、または、SNSのコミュニティなどを使って、婚活仲間を作ってみるのも一手です。

⑤結婚相談所にこだわらず、他の婚活サービスも試してみる

結婚相談所は、他の婚活サービスと比べると、費用は高い分、最も結婚につながりやすいと言われています。

しかし、良いサービスであっても、人によって向き不向きもあります。

これまで結婚相談所で活動してきてうまくいかなかったなら、他の婚活サービスを試してみるのも一手です。

婚活サイトやアプリの中には、手がるに使えて、料金も女性無料となっているサービスもあります。

「自分には向いてないかも…」と思っている方も、出会いはどういう形で訪れるかはわかりません。

出会いのチャンスを増やすため、気晴らしに使ってみるのも良いかもしれません。

<女性無料で利用できる婚活サービス>

  • ペアーズ:会員数600万人以上、国内最大手のマッチングアプリ
  • with:メンタリストDaigoが監修した婚活アプリ、新しいユーザーが多い

 

まとめ

結婚相談所での婚活に疲れてしまったときは、少し休んだり、自分の活動を振り返ってみるのも大切です。

また、婚活の方法は結婚相談所だけではありません。

これまで婚活サイトやアプリを使ったり、婚活パーティーに参加したことがある方も

相談所での活動にスランプを感じているときは、他のサービスを使ってみるのも一手です。

諦めず活動していけば、きっとあなたを幸せにしてくれる男性は見つかるはずです。前向きに頑張っていきましょう。