結婚に焦り…29歳で結婚したいと思ってから取り組んできた2つのこと!

ユキ

ユキ
こんにちは!婚活相談室のユキです。

この記事では、29歳から婚活を始めたサトミさんにインタビューしています。よろしくお願いします。

サトミ

サトミ
こんにちは!サトミといいます。

私は引っ込み思案で人付き合いが上手ではないのですが、工学部を出てずっと理系の道を生きていたのでそれなりに男性との出会いはありました。

しかし、26歳で事務職に転職してからはまったく出会いがなくなり、長くお一人様生活をしていました。

あるとき、インフルエンザになって親以外の誰からも心配されないとき、ふと、「孤独死」という言葉が頭をよぎりました…

そこから「私も結婚したい!」という気持ちが高まり、婚活をスタートしました!

29歳で同じように悩んでいる方の、参考になれば幸いです。

 

結婚したい!と思い29歳からやったこと①「アプリや街コンで自分から出会いを探しに」

30歳目前の美人でもないOLが普通に生活をしていたって出会いなんてありません!

それまでは「いつか自然な形でお互いに惹かれあうような人と出会える」と信じていたのですが、幻想は捨てました。

現実的に考えれば、家と職場を往復するだけの日々に出会いなんてあるわけがないことに気付いたからです。

そこで始めたのがマッチングアプリと街コンです。

◎マッチングアプリは奥手な私でも使いやすかった

アプリは自分のペースで相手探しができ、メールでやり取りできるので私みたいな内気な性格の人でも安心です。

映りのいい写真を選んで登録すると、すぐに数名からアプローチがあったので驚きました!

プロフィール欄には趣味の旅行や料理の話題を充実させ、興味を持って読んでもらえるような工夫をしました。

奥手な私でもネットでの活動ならハードルが低く、いいなと思った男性に気軽にアプローチすることができました。

最初の1ヶ月で2人と連絡をするようになり、そのうち1人とは実際に会ってみました。

メールで何回もやり取りしていたこともあり、初めて会ったときもそこまで緊張はしませんでした。

結局交際には発展しませんでしたが、隙間時間を婚活時間に替えることができるので使えるサービスだと思いました。

また、ペアーズは無料で使えたのも試した理由の1つです。

◎街コンはあまり盛り上がらず…

一方、街コンは私にはハードルが高すぎました。

仲のよい女友達と地元のカジュアルな街コンに参加したのですが、それなりに社交的でないと全然盛り上がりません…

しかし、普段は適齢期の男性と接する機会もないので、免疫を作ったり男性に慣れるという意味ではよかったと思います。

友達と3~4回参加しましたが、毎回終了後には反省点があり、どうして彼ができないのか考えるきっかけになりました。

また、異性と会う機会が増えたことで、身だしなみにももっと気を使うようになり女子度も上がったと思います!

結婚したい!と思い29歳からやったこと②「周りの人に積極的に売り込み!」

街コンなどに行くのは、私にとってはけっこう心をすり減らす作業でした。

ワクワクもありましたが、一方、緊張や不安もかなりありました。

そのため、職場や友達、近所の知り合いなどにも「結婚したい!」と宣言し、紹介をお願いすることにしました。

◎親しい友人に紹介を頼んでみる!

昔から付き合いのある知り合いは、自分の性格もよく分かってくれています。

「そろそろ結婚したいからいい人がいたら紹介して欲しい」

と頼み、結婚相手に求める条件やタイプをリクエストしました。

すると、続々と恋人候補情報がもらえるようになりました!

紹介側も親しい人だと断るときもそこまで気を遣わなくてすみます。

また、恋愛に対するアドバイスももらえたりするので、自分の行動や生活、考え方などを見直すチャンスにもなると思います。

◎職場で紹介をお願いするのも一手!

また、職場のおじさま方が紹介してくれる男性は信頼できました。

取引先や元・社員など仕事ができて性格もいい人を厳選して教えてくれるので、一番有望なソースでした。

それまで私は内勤だけだったのですが、顔を売れるようにと社長がときどき取引先にも連れ出してくれるようになりました。

結婚宣言をしてからは職場の仲間も服装や言葉遣いなどをチェックしてくれるようになり、女性としての自分をもっと意識するようになりました。

オヤジ目線でのアドバイスはセクハラまがいのものもありましたが、男性の心理を知るうえで一番参考になりました(笑)

29歳から婚活をはじめた結果…

結局、勤務先の社長が紹介してくれた取引先の男性と連絡を取るようになり、それから1ヵ月後に付き合い始めました。

社長を通しての出会いだったので、お互いに最初から結婚を意識していて時間の無駄がありませんでした。

恋人ができたときには周りの世界が違って見えるほど嬉しかったです!

独りのときは金曜日の夜はコンビニでビールを買って淋しく過ごしていたのですが、彼がいると週末はどちらかの家で一緒に楽しく過ごすことができます。

週末が待ち遠しいと思えるのは本当に久しぶりで

「生きている!!恋愛をしている!!」

という実感がありました。

風邪を引いたときにも彼が食料を差し入れてくれたりして、優しさに心が癒されるようでした。

最初から結婚は視野に入っていましたが、彼が熱を出したときに私が看病をしに行って本格的に結婚を決意してくれたようです。

31歳の誕生日にプロポーズされ、結婚してからも一緒にテレビを見たり、チョコを食べたり、子供の成長を感じたり、毎日の小さな幸せを実感しています。

家族を作ることがこんなに温かいとは知りませんでした…

29歳で結婚したいと焦り始めている方へ

異性との”偶然の出会い”を夢見ていいのは20代前半までだと思います。

それ以降は自分の求める結婚生活を一緒に叶えてくれる人を探しに行かなくてはなりません。

婚活をしてみて、自分の容姿を磨くだけでなく考え方を改めたり、人の意見を聞いたり、人の優しさに触れたり、いろいろなことがありました。

自分の理想と現実のギャップに苦しんだり、内気な性格を恨んだり、もがいたこともありました。

ですが、その結果手に入れた家族は私にとっては誇りであり宝物です!

結婚してからも大変なことはありますが、幸せは何倍にも増えるので結婚に向けて1歩を踏み出してみてください!

サトミ

サトミ
きっと素敵な出会いが見つけられるはずです!