ペアーズとwith、良い出会いが多いのはどっち?それぞれの特徴を徹底比較しました

人気マッチングアプリのペアーズとwith、どちらも有名なサービスですが、どっちを使えばいいか迷っていませんか?

ペアーズとwith、それぞれの特徴や気になる部分について比較しましたので、参考にしてみて下さい。

「一目でわかる!」ペアーズとwithの基本的な違い

<運営会社>

  • ペアーズ・・・株式会社エウレカ
  • with・・・株式会社イグニス・アイビー

<会員数>

  • ペアーズ・・・600万人
  • with・・・非公開(アクティブ会員は10~15万人)

<男女比>

  • ペアーズ・・・6:4
  • with・・・非公開(アクティブ会員は6:4)

<月額料金>

  • ペアーズ・・・2,980円(女性は無料!)
  • with・・・2,800円(女性は無料!)

 

ペアーズってどんなサービス?

◎一番人気のマッチングアプリ、会員数最大でマッチング率も高い

株式会社エウレカが運営する「ペアーズ」はNHKやan anなどの雑誌で特集されたこともあり、マッチングアプリ界では一番メジャーな存在と言えます。

会員数600万人以上は、他のマッチングアプリや婚活サイトと比べても、ダントツのトップです。あなたの周りでもこっそりと使っている方も多いかもしれません。

ペアーズは会員数が多いだけでなく、1日に「平均35,000件のマッチング」とマッチング率も高く、実際に会えるチャンスが多いのも特徴です。

最近はいろいろなマッチングアプリも出ていますが、迷ったらペアーズを使っておけば間違いはないでしょう。

 

公式サイトで詳細を確認する

 

With(ウィズ)ってどんなサービス?

◎メンタリストDaigo監修の「占い要素が強い」アプリ

Daigoが監修して話題となったマッチングアプリのwithです。

「運命よりも確実」をキャッチコピーとしているわけは、「恋愛メンタリズム:100%一致イベント」と呼ばれる機能が付いていることにあります。

これはいくつのアンケートに答えていくことで、自分と全く同じ回答をした男性を見つけ出して、紹介してくれるサービスです。

「アンケート結果が全く同じ!」と聞くと「どんな方なんだろう?」とどうしても気になってしまいますよね。

「自分と相性の良い人がよくわからない…」、「占いの結果を見るのが好き!」という方なら、楽しみながら使うことができるでしょう。

ただし、会員数自体は10~15万人程度とペアーズと比べるとやや物足りないので、余裕がある方なら「ペアーズをメインで、withはサブとして」という使い方も良いかもしれません。

※ペアーズ・withともに女性は無料で利用できます

公式サイトで詳細を確認する

使った人に聞いてみた!ペアーズとwithはどっちが良かった?

「28歳女性 神奈川県」

>マッチングのしやすさ、出会いやすさにはどんな違いがありましたか?

会員数で言えばペアーズです。ペアーズにはコミュニティ機能があるので、気が合う相手を探しやすかったです。

でも、withは相性が良い相手に「いいね!」をしやすくなっていて、その診断結果がすごく当たっているのでマッチングの失敗が少なくて良かったです。

>利用している男性にはどんな違いがあると感じましたか?

ペアーズもwithも20代後半から30代前半の男性会員が多かったです。

私が出会った中ではwithの男性会員の方が全体的に性格が落ち着いていて悪く言えば地味、ペアーズの方がノリの軽い男性が多いように感じました。

>withと比べてペアーズの良さはどんなところですか?

男女ともに会員数が多いためwithに比べてたくさんの人に出会うことが出来ます。

地方に住んでいる人ならペアーズじゃないと実際に会うのはなかなか難しいんじゃないかなと思います。

>ペアーズと比べてwithの良さはどんなところですか?

ペアーズのように会員数が多いと高収入のイケメンや若い美人ばかりが目立って、「良いな」と思う人を見つけたとき見向きもされないパターンが多いのですが、withはそこそこの人数なためそういう傾向がなかったです。

>全体的に見てペアーズとwithどちらの方が使いやすいと感じましたか?

個人的にはペアーズの方が使いやすかったです。

自分の興味のあるコミュニティを利用しているうちに、気になる人が見つかるという流れで色々な人と仲良くなれました。

占い好きならwith、自然に仲良くなりたいならペアーズだと思います。

まとめ

人気マッチングアプリの「ペアーズ」と「with」について比較してみました。

会員数最大の一番人気のアプリで活動したいなら「ペアーズ」、”恋愛メンタリズム100%一致イベント“で相性の良い相手を見つけてみたいなら「with」を使ってみるのが良いのではないでしょうか。

女性の場合はどちらも無料で利用できるので、両方しばらく試してみて、しっくりくる方を使っていくのも良いでしょう。

タイプの男性は意外と近くにいるかもしれません、毎日ワクワクできるような出会いを探してみましょう。