シングルマザーで子育ての仕事の毎日に疲れてしまったときはどうしたら良い?いまの生活をよくしていくためにできることは?

シングルマザーを続けていると「子育てや仕事に追われる毎日に疲れてしまった…」というときもありますよね。

子供のために頑張り続けるシンママは本当に立派です。

ただ、疲れてしまったときは無理せず、体とのバランスを取ることも大切です。

子育てや仕事で疲れてしまったときのポイントをご紹介します。

シングルマザーの生活はどうして大変なの?

◎子育てと仕事を1人で全部やらないといけない

シングルマザーの毎日はとても忙しいですよね。

朝起きたら、朝食を作って、洗濯をして、保育園の準備をして、そこからお仕事へ。

仕事を終えたら、子供の送り迎えをして、買い物をして、夕食、お風呂に寝かしつけて…

ようやく一息つけるときにはもう22時過ぎに…

仕事が休みの日だって、溜まった家事を片づけたり、子供を連れて出かけたりと休み暇はほとんどありません。シンママは日本で一番忙しい存在かもしれません。

子供のためとは言え、こんな毎日を続けていたら誰だって疲れてしまいますよね。

◎フルタイムで働けず、待遇の良い仕事に就きにくい

疲れてしまう原因のもう1つは、パート仕事をするシンママが多いことです。仕事は正社員の方が、待遇が良く、短い時間で稼げる金額も大きくなります。

ただ、子育てをしながらではフルタイムが難しく、パート仕事でたくさん働かざるを得ない現状があります。

◎疲れたときも支えてくれる人がいない

子育てや仕事で疲れてしまったときも、それを労ってくれる方や、少し手を差し伸べてくれる方がいるだけでも、すごく救われる気持ちになりますよね。

もちろん子供は可愛いし癒されるけど、一緒に頑張ってくれる方がいたら良いのにと思うときもあります。

子育てと仕事の両立に疲れてしまったときはどうしたら良い?

◎親を頼ってしっかり休みを取ることも必要

1人で抱え込み過ぎないで、ときには誰かを頼っても良いんです。

迷惑になるかな…と遠慮しすぎず、子供を預け1人休む時間も取ってみましょう。

1日中何もしないで寝ていたり、友達と食事やカラオケに行ったり、たまには好きなことをして発散してみて下さい。

潰されてしまいそうになったときは休むことも大切です。

◎完璧を求めない、ときには家事も手を抜いてみて

料理をする気力が残っていないときは、子供と一緒にスーパーで好きなお惣菜を買ったり、外食で済ませてみてはどうでしょう?

休みの日まで頑張ったりせず、子供と一緒にだらだらゴロゴロ、洗濯もお掃除もサボってしまう日があっても良いと思いますよ。

完璧を求め過ぎず、ときには手を抜いて、自分の身体とバランスを取っていくことが大切だと思います。

「将来のことを考えると不安…」他のシンママはずっと1人で頑張ってるの?それとも再婚しているの?

仕事や子育てに追われる中、ふと自分の将来のことを考えて、不安になってしまうシンママの方も多いはず。

両親に先立たれ、子供が自立していったら、私はどうなるのだろう…他のシンママの方はどうしてるのでしょうか?

◎1人で頑張っているシングルマザーの方の声

30代女性

30代女性
もう結婚にはこりました…自分には男性を見る目がありませんし、もう辛い思いをしたくないです。
40代女性

40代女性
離婚から10年以上たちますが、再婚したいとは全然思ったこともありません。子供に手もかからなくなり、気楽に生活しています。

 

◎再婚したシングルマザーの方の声

40代女性

40代女性
40を過ぎてすごく寂しくなり再婚しました。子供が成長していくとどんどん寂しくなっていきます。いまは毎日楽しいです。再婚して良かったと思います。
30代女性

30代女性
婚活サイトで出会った方と再婚しました。子供も可愛がってくれるし、生活にゆとりもできて、いまは本当に幸せです。

 

再婚したシンママに聞いた!再婚してみた感想は?

◎「バツイチの私なんかと思っていたけど、素敵な方と出会えた」(Yukiさん 33歳で再婚)

仲良しだった男友達に紹介をしてもらい、お互いに一目惚れでした。

初めて会った時は恥ずかしさのあまり話したりは出来ませんでしたが、2回目に会った時は自然と話が出来て、連絡先も交換し、そこから毎日のようにやり取りが始まりました。

やり取りをして2ヶ月ぐらいの頃に告白されてお付き合いが始まりました。

子供達にも会わせてほしいと言われて、会わせることに。

初めてなのに子供達はすぐ彼になつき、離れたくないとまで。

同棲をする事になり、彼も自分の子供のように可愛がってくれました。

プロポーズされて、再婚しましたが今、とても幸せです。

「最初はバツイチの私なんかと結婚したら…」

といろいろと考えたりしましたが、良かったと思います。

再婚して、彼との間にも子供が出来まして産まれましたが、差別する事なく可愛がってくれています。この人で本当に良かった、素敵な人に出会えました。

◎「両親に背中を押されて、第二の人生がスタート」(kyokoさん 36歳で再婚)

実家の外壁塗りの工事にきていた人が今の旦那です。

彼にお茶を出したのがきっかけで、今の旦那の方から連絡先を聞かれ、連絡を取るようになりました。

最初は怪しいし、実家知られてるし、と色々警戒してましたが、なんだか前から知ってるようなそんな感覚の相手であっという間に好きになりました。

再婚するまでの1年間、子供ともゆっくり距離を縮めてくれました。

「この人に出会わなければ、私たち親子は今頃どーなっていたのだろう」

と思うくらい本当に出会えて良かったなと思います!

再婚なんて絶対しないと思っていたし、仕事ばかりで出会う暇もなかったので私には再婚は無縁だと思っていました。

実家の両親もすごく背中を押してくれて

「第二の人生もありだよ」

って言われて、私たちの幸せに背中を押してくれた両親にも感謝しています。

まとめ

子育てや仕事の毎日に疲れてしまったときは、休むことも大切です。

子供が大切でもあなたが潰れてしまったら、元も子もないのです。

また、これからのことが不安になっている方は、新しい出会いを見つけてみるのも良いかもしれません。

シングルマザーだからと言って引け目を感じる必要は全くありません。

子供のことを大切にするのと同じように、あなた自身のことも大切にしてあげて下さいね。